ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.07.07 Sunday

Never Ending Story

言葉にするにはあまりに長く、
濃い日々でした。

またこれからの活動の中で少しずつ芽吹くものがあるのかなぁ。

何はともあれ、
Piece of Cake 47都道府県完全制覇ツアー、
79日間の旅が終わりました。



47都道府県完全制覇ツアー 全日程


4/19(金) ?神奈川県 横浜市「MotionBlue yokohama」

4/20(土) ?静岡県 静岡市「Giardino(ジャルディーノ)」

4/21(日) ?山梨県 富士河口湖町「チョイスキッチン」

4/22(月) ?山梨県 甲斐市「Fantin Latour」

4/24(水) ?長野県 諏訪郡原村「八ヶ岳自然文化園大研修室」

4/25(木) ?愛知県 名古屋市「はやしや」

4/26(金) ?三重県 四日市市「グリーン・グラース」

4/27(土) ?岡山県 美作市「dot cafe @KATSURAGI」

4/30(火) ?鳥取県 鳥取市「after hours」

5/01(水) ?島根県 出雲市「Laut」

5/02(木) ?島根県 松江市「Nature」

5/03(祝) ?広島県 広島市「お食事&喫茶 ラベンダー」

5/04(土) ?岡山県 岡山市「禁酒会館」

5/05(日) ?山口県 萩市「La Ceiba(ラ・セイバ)」

5/06(祝) ?長崎県 佐世保市「Flat Five」

5/08(水) ?長崎県 長崎市「Dragon World」

5/09(木) ?福岡県 福岡市「cafe restaurant 9-tea」

5/10(金) ?熊本県 熊本市「ぺいあの ?世」

5/11(土) ?佐賀県 嬉野市「おうちカフェ la casa MARIA」

5/12(日) ?宮崎県 宮崎市「shot bar Potrillo(ポトリージョ)」

5/13(月) ?鹿児島 鹿児島市「Terimakasih(テリマカシー)」

5/15(水) ?大分県 日田市中津江村「中津江ホール」

5/17(金) ?愛媛県 松山市「MONK」

5/18(土) ?高知県 高知市「A Bar」

5/19(日) ?高知県 いの町「QRAUD」

5/25(土) ?香川県 三木町「まんじゃーれ」

5/26(日) ?徳島県 徳島市「jealousy」

5/28(火) ?和歌山県 和歌山市「キッチンカフェ 茶花」

5/29(水) ?奈良県 奈良市「にこちゃん堂」

5/30(木) ?大阪府 大阪市北区「Moulin Kitchen」

5/31(金) ?沖縄県 那覇市「owl385」

6/01(土) ?沖縄県 那覇市「アルテ崎山」

6/02(日) ?兵庫県 神戸市「CASHBOX」

6/05(水) ?京都府 京都市「Parker House Rol」

6/06(木) ?滋賀県 大津市「マイルストーン」

6/07(金) ?岐阜県 郡上市「take out cafe cocochi」

6/08(土) ?石川県 金沢市「もっきりや」

6/09(日) ?福井県 坂井市「マロンパラダイス」

6/12(水) ?富山県 富山市「Deuxieme」

6/13(木) ?新潟県 新潟市「Rohan&Heaven's Door」

6/14(金) ?山形県 鶴岡市「Studio Woods」

6/15(土) ?秋田県 秋田市「Red House」

6/16(日) ?青森県 弘前市「喫茶 れもん」

6/18(火) ?北海道 札幌市「豆食」

6/21(金) ?岩手県 大船渡市「来渡ハウス」

6/22(土) ?岩手県 一関市「角蔵ホール」

6/23(日) ?宮城県 仙台市「SENDAI KOFFEE」

6/26(水) ?福島県 いわき市「La Stanza」

6/27(木) ?栃木県 那須郡「Salon de Kerria」

6/28(金) ?群馬県 高崎市「泉ホール」

6/29(土) ?茨城県 つくば市「筑波山 ひたち野」& 龍ケ崎市「Grano」

6/30(日) ?千葉県 印西市「宮崎邸」

7/02(火) ?埼玉県 さいたま市「なかやん」

7/06(土) ?東京都 渋谷区「JZ Brat」



どの一日も、はっきり思い出せる程、
幸せとハプニングの詰まった旅でした。

Piece of Cake 第三のメンバー、
アシスタントのじゃっき〜。
彼なくしてはツアーの実施は無理だったでしょう。
この旅を一緒に回ったことで、
お互いの人生を見守り続ける関係になったと思います。
これからも彼の人生に、
片隅にでも関わらせてもらいたいです。
本当にたくさん助けてもらいました。
ありがとう。
帰ったら九州をひっくり返してやれ!
楽しみにしてるよ!

そして、
相方のMaLくん。
あなたに出会えた事は僕の誇りです。
これからも長い付き合いになると思います。
Piece of Cakeは色んな風に進化を遂げていくのだろうけど、
やはり僕らは"2人"です。
大事に乗り越えていきたいです。
MaLくんとだから立ち上げられたユニットであり、
実現できたツアーでした。
ありがとう!

そして、関わってくださった、
支えて下さった、
応援して下さったみなさんは、
第四のメンバーです。

これからも一緒に旅を続けましょう!!

ひとまず、
Piece of Cakeとじゃっき〜の三人旅、
番外編がありそうです。
しかも、海を越えます!
また僕らの珍道中を追いかけてやってください。

そして、Piece of Cakeは、
また新たな企画をぶち上げるべく、
悪巧み中。

まだまだ旅は終わりません!

そしてきっと、
いつかまた、
47ツアー・・・、
やるのかな・・・(笑)?

Piece of Cake、
ひととき充電をして、
また来月から飛び回りますよー!

We love you,you,you,and you!!

2012.09.08 Saturday

9/8 北海道自転車旅・7日目

ついに帰宅日の朝。
国民休暇村の森には野鳥がたくさんいるので、
双眼鏡を持って散歩に出る。


休暇村の動物たち。
白いポニーのミントくん。
クライスデールという種類の馬のアルフレッドくん。
そして、ちょっと見えづらいけど、
白と黒、二頭の羊。


敷地内にはこんなひなたぼっこスペースがあります。
しばしハンモックに揺れる・・・。


動物たちのお世話を一手に担う、
支配人のもりやさん。
もりやさんはいつも本当に強い愛情を持って動物たちに接しています。


見えますか?
野鳥を追いかけていたら、
エゾリス発見!
B-16の看板の上にいます。
写真には一匹しか写っていませんが。
実際には二匹で遊んでいました。
かわいかったぁ。
結構近寄って行っても、
逃げずに逆にこちらを観察していたりします。


そして、完全なる余り物の朝食。
手持ちの食材はほぼ使い切りました。


そしていよいよ出発。
お世話になったもりやさん。
急なお願いに応えて下さり、
ありがとうございました!
またこれからもよろしくお願いします〜!

空港までは10キロ強。
アップダウンもなく、
ゆったり漕いで到着。
飛行機に乗ったらあっという間に東京に到着。
暑いかなぁ、と覚悟をして帰ってきましたが、
むしろ少し涼しく感じるほど。
今年の北海道の暑さはやはり少しおかしいようです。

というわけで、
なかなかに濃かった一週間の旅でした。
旅中に自転車を漕ぎながら、
色々な事を考えました。
今やるべきこと、これからやりたいこと。
時間をかけて考えることができたので、
少し整理出来たような気がします。

朝起きること、身体を動かす事、そして考える事、
この順番が気持ちいいなぁ、と再確認した旅でした。

そして明日からまた旅。
大阪、岐阜、高山と三日間です。
今年は本当に旅人だなぁ。

ただいま、そして行ってきます。


*この日の走行距離
中札内〜とかち帯広空港
16.51キロ


旅を通しての走行距離
393.92キロ
2012.09.08 Saturday

9/7 北海道自転車旅・6日目



おはようございます。

昨日は真っ暗だった、
キャンプ場・コニファーの全貌が明らかに。



あまり写真は撮りませんでしたが、
目の前には川が流れ、
点々とバンガローが立っていて、
現在も新しい丸太小屋を建設中とか。

昨日の夜は、
札幌のタラバガニさんたちのおかげで食材を使わなかったので、
今朝の朝ごはんに。



地元の卵でカルボナーラを作ります。
そして、
麓郷の無人市場で買ったトウモロコシを茹でます。
桃は福島県産。



きれいなトウモロコシですね〜!
たのしみです。



濃厚なカルボナーラが完成。
そして、トウモロコシが甘い!
半分はお昼にとっておくことに。
桃もおいしかったぁ。

と、タラバガニさんのおうちのわんちゃんが近寄ってきました。
何もあげないけど(笑)。



オーナーさんはじめ、
昨晩お世話になった皆さんにご挨拶をして、
いざ出発!
事実上の最終日です。

写真では伝わらないなぁ。
途中通りかかった、
思わず飛び込みたくなるような透き通った川。



そして、ついに最終目的地、
中札内村に入りました。



道の駅で休憩。
朝茹でたトウモロコシをいただく。
こんなおいしい野菜が一つ50円とは・・・。



実はここ中札内村には、
ここのところ毎年二月に、
休暇と個人的製作を兼ねて訪れていました。

しかし当たり前ですが、
真冬なので、全ての施設は閉館期間中。
初めて開館期間中に来る事ができたので、
前から気になっていた、
六花の森へ。



皆さんご存知の六花亭の工場の敷地内に作られたアートスペース。
ここには、
画家の坂本直行さん、
植物画家のはらたかよしさん、
十勝の子供達の詩を掲載する児童詩誌、
"サイロ"の表紙絵を、
坂本直行さんから引き継いだ、
真野正美さんの作品が展示されていました。

真野さんの作品に親近感を感じました。

敷地内は小さな川が流れていたり、
広い芝生が広がっていたり、
気持ちのいい場所でした。





こちらで飲み物の無料サービスもあります。
ほっと一息。



六花亭のアートスペースはここだけではなく、
更に5キロほど離れたところに、
"中札内美術村"があります。

六花の森との共通券は1000円。
お手頃です。

六花亭の工場に併設されたショップでお土産を購入し、



一路、
中札内美術村へ。



小泉淳作美術館、
北の大地美術館、
相原求一朗美術館、
夢想館などの展示スペースに加えて、
地元の農産物を使ったレストラン・ポロシリや、
団体予約専用の食事処・花六花などがある。

建物内は基本的に撮影禁止なので、
ここからは外観の写真ばかりになります(苦笑)。

まずは、
相原求一朗美術館。



こちらは、
元々帯広市内で最も古い銭湯だったという帯広湯を移築したというレトロな建物。

お庭を眺めるための椅子がいくつか置かれていて粋でした。



続いて北の大地美術館。
ここは企画展示が行われるスペースのようでした。



それから夢想館。
こちらには彫像が展示されていました。



そして、
個人的にとても感銘を受けた、
小泉淳作美術館。



僕は本当に絵画に全く詳しくないのですが、
小泉淳作さんの絵にはとてもひかれました。
東山魁夷とも重なる、自然への強い畏怖の念や、
作品に向かう姿勢や、
画家としての在り方に、
僭越ながら感銘を受けました。

まぁ、単に好みの問題も多いにありますが。

そして、今夜の宿泊場所はというと・・・。



中札内国民休暇村・フェーリエンドルフ。

基本的には家族向けにコテージでの宿泊ができる施設。
毎年二月に訪れている場所。
本来は1人での宿泊はできないのですが、
ダメ元で連絡してみたら、
快く快諾してくださいました。

真冬にしか来ていなかったので、
まるで違う風景でした。

コテージに入り、
使わないキャンプ用品などを宅急便に出し、
身軽になる。
とうとう旅も終わり。

雰囲気だけの写真ですが、
コテージのリビングはこんな感じ。



二階にはベッドルームが三部屋と、
お風呂があります。

快く宿泊を許可してくださった、
いつもお世話になっている優しい支配人、
もりやさんと奥様が、
買い物ついで僕も町に連れて行ってくれる事に。
ありがたい・・・。
もう辺りは完全なる闇で街灯も無いので、
明日の朝ごはんは諦めようかと思っていたところでした。

おまけに、
フェーリエンドルフの名物である釜飯をいただき、
敷地内の畑からトマトとナスをいただきました。

この畑は、
宿泊客は誰でも収穫ができます。
いつも真冬に来ていたので、
これも初体験。

というわけでチャリ旅の最終日らしく、
残り物整理といただきものたちで夕食。



ナスを炒める以外は何もしていない手抜きメニューですが、
ナスもトマトも甘くてうまかった!
フェーリエンドルフの釜飯も、
かまど焚きのご飯と、
地元の食材で毎朝仕込んでいるものなので、
これまた絶品でした。

というわけで最終日の夜は、
久々にベッドで眠りました・・・。

*この日の走行距離
十勝清水〜中札内
54.17キロ

2012.09.07 Friday

9/6 北海道自転車旅・5日目



何とかお天気ももってます。

今日からは特にプランも無かったのですが、
前日お風呂に入れなかったので、
温泉的なところに入りたいと思っていたら、
某嫁から連絡があり、
新得温泉ってのがあるらしいよ、とのこと。

朝食は、
パンとミニトマトで簡単に済ませ、
とりあえず新得温泉を目指し走ります。



こちらがかなやま湖。
いわゆるダム湖なのですが、
このところ降雨が少なく、
かなり干上がっていました。

途中、
映画"鉄道員(ぽっぽや)"の舞台となった、
幾寅駅を通る。







実際には幾寅駅として操業中なのですが、
映画の中の設定のまま、
"幌舞駅"という名前がそのまま掲げられている。

駅舎の中には役者さんの衣装や写真が展示されているだけでなく、
撮影のクランクインまでの足跡が写真で紹介されていて、
地元の方々が盛り上がっていた様子が窺える。
駅名をそのままにしているところにしても、
皆さんがこの映画を大事にしていて、
この町が舞台として選ばれたことを誇らしく思っていることがわかる。

恥ずかしながらわたくし、
まだ映画を見たことがないので、
これを機に見てみようかしら。

幌舞駅を後にし、
ひた走る。
南富良野町に入り、
しばらく緩い登りが続く。

途中、落合で休憩。

休憩中はこんな感じ。



町の看板。



くらしてみたいです。

登りは延々と続く。

途中ですれ違ったライダーさん。



狩勝峠という峠を越える予定なのですが、
登り始めの表示を見落としたのか、
そもそもそんな表示無いのか、
どこからかなぁ、と思いながら登っているうちに、
気付いたら頂上でした。

先ほどすれ違ったライダーさんと再会し、
写真を撮ってもらいました。



日本新八景の一つということで、
なかなかの絶景でした。



景色を見ながら昼食の支度。

昨日の夜から一晩寝かせて、
峠を越えたカレー。
味の方は峠を越えるどころか、
更なる高みに登ってました。
んまかったー。



ここからは一気に下り。
新得町に入り、
待望の入浴。



この方が出迎えてくださいました。



さっぱりしたところで、
今夜のキャンプ地をリサーチ。
隣町の十勝清水に何やら気になるキャンプ場を発見。

隠れ家的キャンプ場
"遊び小屋 コニファー"

ここに決定。

日がくれてきて何度も景色に見とれる。



途中の青看板。
今回の旅の終着、
中札内の文字が。



途中、御影という町のスーパーで買い物。
アイシング用の氷を探していたが、
売ってないようなので、
おかあさんに聞いてみたら、
鮮魚用の氷を砕いてくれた。
そして、ベーコンと卵を買ったのだけど、
10個入りの卵と3パックでひとまとめのベーコンしか無く、
それを見たおかあさんが、
その場でバラバラにしてくれて、
卵4個、ベーコン1パックで売ってくれた。

自転車旅は荷物が重くなると困るのと、
連日暑いので、
あまりたくさん食材を買い込むのは難しいので、
これには本当に助かった。

おかあさん、ありがとう!
記念に写真を一枚。



気分良く走り出し、
ムーミン牧場を通り過ぎ、



今日もキャンプ地に着く前に日没。



写真ではとても伝えきれない風景。
自転車で一漕ぎ一漕ぎ進んで、
初めて得られる感動が確かにある。

なんて機嫌良く、
あと二キロくらいで着くなぁ、
と思っていたら、
なんと最後の二キロの道が未舗装・・・。
最後の最後で・・・。
コニファーさん、
隠れ家すぎる・・・。

僕の乗ってきた自転車は基本的にはオンロード用のタイヤ、
しかも結構ひび割れてきているので、
オフロードを走るのは相当怖い。
押して行く方がいいのだけど、
何しろ既に日がくれているため、
押して歩くとなると、
1時間くらいかかってしまう。

意を決して、注意しながら走行することに。
すぐ目の前を、チョウゲンボウがゆっくり横切っていって感動したりしながら、
恐々未舗装の道をいく。

道は深い森に入っていく。
既に周りは完全な闇。
15分くらい漕ぎ、
ヤバイなぁ、と思っていたら看板が。



なんとか無事に到着・・・!
敷地に入るや否や、
オーナーさんが、

さぁさぁまずはテントを張って。
そうしたらあの灯りがついている所まで来てください。

とおっしゃる。

川の音が近い芝生の上にテントを張り、
その灯りがついている所へ行ってみると・・・。



なんと、札幌からいらっしゃったリピーターさんが持ってきて下さった食材で、
他のキャンパーさん達も囲んで、
今まさに宴会が始まろうとしていました!

なんとわたくしも混ぜていただきました。
あんな暗い未舗装の道を進んだ先でこんな事が待っているなんて・・・。

というわけで宴会スタート!

初めて飲んだベトナムのビール。



あり得ない大きさのタラバガニ。





もう一組、
神戸からいらっしゃったご夫婦の差し入れのお料理。



ホタテ・・・!ホッキ貝・・・!





ほんと、何があるかわかりませんね。

僕だけ手ぶらで申し訳なかったので、
一曲、歌を歌わせていただきました。

まさに宴。

もちろん、
こんな宴が毎夜コニファーさんで行われているわけではございませんのでご注意を(笑)!

コニファーさんは、
一般的なオートキャンプ場と違い、
シャワーやランドリー、
水洗トイレなどの施設はないので、
いわゆる"ザ・キャンプ"がお好きな方には超オススメです。
素敵なオーナーご夫婦が迎えてくれます。
キャンパーさん同志も交流しやすいキャンプ場です。
僕は一目で好きになりました。

最後に皆さんで写真撮影。



皆さん、
ごちそうさまでした!!
しあわせでしたーっ。
また必ずお会いしましょうね!

楽しい宴の後、
テントに戻ると、
そのまま撃沈。

今日は約七割ほど登りだったなぁ、
という印象でした。

さすがにくたびれたのと、
気持ちよく酔っ払ったのとで、
川の音が聴こえるなぁ、と思ったらもう寝ておりました。

今日も素晴らしい一日だった!


*この日の走行距離
かなやま湖〜十勝清水
77.54キロ
2012.09.05 Wednesday

9/5 北海道自転車旅・4日目



おはようございまーす!
久々のテントの朝。
ぐっすり眠れました。

朝ごはんは、
買ってあったパンと、
昨日の残りの野菜を炒めて済ませました。



今日はまず、上富良野から、
"北の国から"の舞台として有名な、
麓郷へ向かいます。

北海道らしい、
ひたすら真っ直ぐな道が続きます。




かと思いきや、
緩やかな登りが30分以上続く、
軽い峠に差し掛かる。
とにかく今年の北海道は暑いので、
汗が滝のように流れました。

そして、登りきった先に見えた景色がこれ!



そう・・・!
ナントカ山。


・・・。
きれいだったぁ。

途中、"原始の泉"という看板にひかれ、
寄り道。
行ってみると、
それは湧き水の泉でした。



おそらくナントカ山・・・の方から来た水なんだろうなぁ。

ふと見ると、
観光客風の人が、
地元の人風の人に質問攻めをしていた。


"こりや湧き水かい?"

"そうですね"

"あぁ山からの?"

"そうですね"

"ずっと昔からかい?"

"そうですね"


完全に森田さんの番組の調子。


アルタを後にしてしばらくまた走る。
両サイドは収穫を終えたばかりのタマネギの畑。



これを見て、
今夜はカレー曜日に決定。

そして麓郷の森に到着。



目の前に無人野菜売り場があったので、
カレー曜日に必要なジャガイモをゲット。
それから袋ぱんぱんのミニトマトと(とても甘い)とうもろこしもゲット。
それぞれ50円。

中に入って行くと、
20年以上も前に実際に撮影に使われていた黒板家のおうちが移築されて展示されていた。



中もそのままだが、
20年以上も前のものとあって、
老朽化が著しく、
立ち入り禁止。



レストランなどもあったが、
そこへは入らずに富良野を目指す。

ここまでだいぶ登ったので、
富良野までは下り続きで助かった。

それにしても景色がきれい。



そして、
昼食を食べに富良野チーズ工房へ。



ここでは、
チーズ作りの体験もできるのだが、
やはり目的は食べる方。

マルゲリータとカプレーゼをいただきました。



そしてここからはひたすら南下。
とここで強風に悩まされる。
向かい風や横殴りの風など、
どうしてもスピードが上げられない。
ここまではかなり順調だったのだけど、
だいぶ時間に余裕がなくなってくる。

にも関わらず、
メロンの直売を見つけて、
お土産用に購入。
送ってもらった。



途中、山部で休憩の際、
今夜のキャンプ地、
かなやま湖オートキャンプ場に電話。
地図でみる限り、
町が近いキャンプ場ではなかったため、
テントを設営してからの買い出しは無理かもしれないと思ったので、
一応確認。
すると案の定近隣にお店は無いとのこと。

山部で、
カレー曜日のために、
人参、タマネギ、鳥肉、カレールウ、
それからアイシング用の氷などを購入。

そして、
ここからは写真を撮る余裕がなかった・・・。

キャンプ場に、
暗くなる前に着けるか・・・!

風にも悩まされつつ、
黙々と漕ぐ。
金山駅から日高方面とかなやま湖方面に別れる。
そこをかなやま湖方面に曲がって程無く、
トンネルに差し掛かる。
しかもここまでで1番傾斜度の高い登り・・・。
長いトンネルを抜けると、
登りは終わらずに更にすぐ次のトンネル。

こういう旅と日々の暮らしが直結している事を実感する瞬間です。

そして、
何とか真っ暗闇にはならないうちに、
かなやま湖オートキャンプ場に到着!

急いでテントを設営すると、
辺りはすっかり闇。



昨日泊まった、
日の出オートキャンプ場には、
20組以上の人々がいたのに、
ここかなやま湖オートキャンプ場には、
人っ子一人見当たらず。

というわけで静かに夕食の準備開始。



ゲットした、
ジャガイモ、タマネギ、人参、鳥肉、
もちろん全て地元産。
そして、原始の泉でいただいた湧き水!

ご飯が炊けるまで、
今夜もアイシング。
今夜は昨日までよりヘビーだったので少し念入りに。



それにしても静かだし真っ暗。
こうなるとやっぱり人恋しいものですね(笑)。

そして、カレー完成!



うーまーすーぎー!
今日一日頑張って漕いだ甲斐がありました。
さすがにルウは食べきれないので、
寝かせて明日の朝食にする事に。

今夜はシャワーがもう終わっていたので、
その代わり近くで見つけた温泉に日帰り湯することに。

いやぁ、今日は漕いだなぁ。
よく眠れそう!

おやすみなさーい!


*この日の走行距離
上富良野〜麓郷〜かなやま湖
78.50キロ
2012.09.04 Tuesday

9/4 北海道自転車旅・3日目

音の葉∞言の葉LIVEから一夜明け、
いよいよ本格的に自転車旅がスタート。

・・・しかし、
昨晩遅くまで飲んだため、
無理せずゆっくり出発。

まずは札幌駅から旭川駅まで輪行。



特急で1時間20分。

朝食代わりに、
昨晩masaさんからいただいた大福をペロリ。



んまかった!!
知ってる人は知ってますが、
わたくし大福、団子、餅の類に目がないのです。
masaさん、ありがとうー!

旭川駅に着いて走り出した時は既に正午。

ここのところの北海道は、
史上まれにみる暑さだそうで・・・。
路面付近は40度近くまで上がるので汗が流れ続ける感じでした。
がっつり水分補給をしつつ、
やっと美瑛町に入りました。



国道を外れ、
ザ・北海道な景色に迎えられました。



空模様の方が気になるかな(笑)。
しかし絵になる風景ですよねぇ。

以前訪れた、
野鳥観察をしながらコーヒーを飲める、
"ナブの家"へ。



しかし、
来る前に調べたところ、
火水木が定休日とのことなので、
とりあえず周辺を散策。

ゴジュウカラ発見。



この写真、
双眼鏡越しに撮影してます。
この前宣言したとおり、
旅前に双眼鏡をゲットいたしました。



他にもシジュウカラやヒガラなどが飛び交っていました。

ナブの家を後にして、
今度は畑にワシかタカの仲間を発見!



写真ではわかりづらいですが、
羽をみる限り、トビではありませんでした。

またしばらく走ると、
小さく"コンコン"というドラミング(キツツキの仲間などが木をつつくこと)の音が聞こえ、
少し見回すと、アカゲラを発見。



電柱の上で毛づくろいしていました。



こちらは途中休憩を取った、
美馬牛の駅のホーム。

そして、
日没を迎え、
今夜のキャンプ地、
上富良野・日の出オートキャンプ場に到着。



約3年ぶりのテント泊。
すっかり暗くなってきて見づらいですが、
無事に設営完了。



このオートキャンプ場、
コインシャワーに、
ランドリーもついていて、
かなり快適。
シャワーを浴びて洗濯物を放り込んで、
近くのスーパーに買い出し。



待ってましたこの感じ!

スーパーには地元の上富良野産の食材がいくつも並んでいました。
うれしい!

その中から、
上富良野産の豚バラ、
上富良野産のトマト、
上富良野産のパプリカ、
上富良野産のもやし、
上富良野産のプルーン、
そして、僕がビールを飲むようになったきっかけのビール、
サッポロビールクラシックを購入。

米を炊く間にアイシング。



これをしておかないと、
翌日すぐ漕げなくなってしまいます。

そして完成!



まぁ、単なる肉野菜炒めなのですが(^^;;
でも、やはり地元の食材、強力だったー!
パプリカも甘かったし。
そして、お米って、お鍋で炊くと美味しいですよねぇ。

といったわけで、
がつがつ食べて完食。

その後は、
初の試み。
ツイキャスに電話出演(笑)を果たし、
すぐさま就寝。

いやぁ、旅らしくなってきた!


*この日の走行距離
旭川〜美瑛〜上富良野
64.76キロ

2012.09.04 Tuesday

9/3 北海道自転車旅・2日目

さて。

札幌滞在2日目。

今日の目的はこちら。



当初、
自転車旅一週間、
という予定だったので、
札幌に来るつもりにしていませんでした。
今夜のLIVEのために札幌に滞在することになり、
札幌にいるなら、
ということでミーハー根性全開でいってまいりました。
滞在先から自転車で15分くらいでした。



動いている彼を見てみたい・・・。



そして、
この建物のすぐ裏手に、
何気なくある公園。



平日の昼間にも関わらず、
目的を同じくした人たちが途切れることなく訪れていました。



目的が同じだと、
すぐ仲良くなったりして、
写真を撮りあったり。



結局、何の変哲もない公園に一時間以上滞在してしまいました。

しかし、
観光地化的な案内などの余計な事が、
一切為されていないというところがよかった。
さすがだなぁ、と思いました。

そして、
ここ以外に特に大きな目的もなかったので、
少し中心部から外れたところにある、
モエレ沼公園へ。



モエレ山。



モエレ山山頂からの景色。



どうやらこの公園のメインスポットらしい、
ガラスのピラミッド。
・・・は本日休館。
ついでにレストランも休館。

ということで昼ごはんを食べる場所がない・・・。

まぁいいか、ということで公園内を散策。
ヒガラなどの野鳥が飛び交ういい公園でした。



そして、一路宿泊先に戻り、
札幌滞在の本分である、
LIVEのための準備。

会場である、
"くう"さんでは、
この男が待ち構えていた。



そう、変な人。

変な人とのユニット、
音の葉∞言の葉のLIVEだったのでした。
変な人こと、ピアニスト阿部篤志。
やはり素晴らしかった!
そして、ユニットとして、
音の葉∞言の葉もまた新たな葉が芽吹き始めてます。
お互いのいい変化を感じられて、
心底楽しいLIVEでした。

くう、というお店は、
とても懐の深い"くう"き Σ(´Д` )
を持っていて、
全てを受け入れてもらえる気がする"くう"かんΣ(´Д` )
でした。

おかげで終始2人はリラックスムード。

そして、
この日はなんとゲストが!
阿部くんからずっと噂を聞いていた人物。



ドラマー・パーカッショニストの、
萱谷亮一くん。

阿部くんとは、
小学校の頃からの盟友。
2人はそもそも、
翌日札幌のホールで行われる、
東儀秀樹×古澤巌×上妻宏光
のコンサートのために、
札幌に来ていたのでした。

萱谷くんは貴重なオフの時間を使って、
僕らのLIVEを聴きに来てくれました。
というわけなので、
ぜひ一緒に演奏したい!
と加わってもらいました。

といっても、
お店にあったのは、
スネアドラム一つと、
シンバル一枚とブラシのみ。

ところが、
萱谷くんのプレイは全く持って素晴らしかった!
スネア、シンバル、ブラシの三つだけで、
本当にカラフルな世界観を紡ぎ出していました。
噂通り変な人だ・・・。
ということで大好きなドラマーさんになりました。
萱谷くん、ありがとうございました!

そういえば、
最近LIVEのセットリストを載せるのを忘れてましたねぇ。
久々に載せてみますか。

1st
1 Loro
2 翼
3 翼をください
4 Some Skunk Funk
5 Viridian Mode
6 結んで拓いて

2nd
1 音の葉、言の葉
2 Fire Dance w/萱谷亮一
3 即興 w/萱谷亮一
4 みどり
5 蓮華の花
6 手のなるほうへ

encore
Tomorrow never knows
妖怪人間のテーマ
ふるさと


でしたっ。

アンコールがカオスだな・・・(笑)。

LIVEには、
Piece of Cakeのツイキャスでいつもコメントをくださるmasaさんや、
東京から札幌に戻っているシンガーの阿部智子ちゃん、
そして僕が泊まっているドミトリーで知り合った方々、
青森から駆けつけてくださった阿部くんファンの方々など、
何だかご縁のるつぼ状態。
嬉しかったぁ。
皆さん、ありがとうございました!!

そして、
阿部くん萱谷くん、
そして智子と、
ドミトリーで知り合ったヨッシーさんも交え打ち上げ!



北海道の居酒屋メニューでは定番らしい、
ラーメンサラダ。



阿部くんと飲むのも久しぶり、
ということで、
話は尽きず。
結局午前2時近くまで白熱しておりました。
楽しかったぁ。

阿部くん、萱谷くん、智子と別れを告げ、
自転車で宿泊先に戻る。
皆ありがとうーっ!

ヨッシーさんはタクシーで先に戻っていった。

そして、漕ぎ出してすぐに雷雨(笑)。
急いで雨具を出して着込む。

宿に到着して、
翌日東京に帰るというヨッシーさんが荷造りをする横で、
びしょ濡れでバタバタと片付けをして、
シャワーを浴びて気絶。

ヨッシーさん、
ありがとうございました!
東京で再会しましょう!

というわけで、
2日目もなかなかに濃い一日でございました。


*この日の走行距離
札幌市街 48.37キロ

2012.09.02 Sunday

9/2 北海道自転車旅・1日目

さぁ始まりました、
念願の久々の自転車一人旅!

場所は三度目の北海道。

まずは家を6:00に出て羽田へ。



最寄駅までは自転車を組んで漕いで行き、
そこからは自転車を車輪を外して袋に入れ、
テントや寝袋その他の四口の荷物を抱えて電車移動。

自転車を持って公共機関を使うことを"輪行"というのですが、
この輪行が、自転車を漕ぐより全然しんどい・・・。

何とか無事に羽田空港に辿り着き、
全ての荷物を預ける。
これもまた一苦労。

身軽になってほっとして飛行機に搭乗。
さすがに眠かったので、
何とか小一時間はうとうとしました。

新千歳空港に到着。
荷物も無事に受け取り、
自転車を組み立てていると、
不意に英語で声をかけられた。

彼も僕と同じ、
自転車旅をするべく北海道に
やってきたらしい。

話していると、
彼は上海でとある有名ソフトドリンクの会社に勤めているとか。
もう一本後の便でくる友人を待っているらしい。

僕がたどたどしく準備をしていたので、
いろいろと世話を焼いてくれた。
かなりのナイスガイでした!

早速Facebookで繋がってしまった。

名前も教えてもらったのだけど、
どう発音するかわからない・・・(苦笑)。
ナイスガイと呼ぶことにします。

ありがとう、ナイスガイ!



ナイスガイに別れを告げ、
いよいよ旅がスタート。

今回の旅の行程は、
かなりの軟弱プラン。
距離はそんなに漕がずに、
一箇所ずつのんびり回ろうと思っています。

そして、
今回の旅に、
後からもう一つの目的ができました。
それは明日の音の葉∞言の葉、
北海道初LIVE!

僕が自転車旅で北海道に行く話をしたら、
なんと同じ時期に阿部くんも北海道にいることが判明。
せっかくなので一日LIVEすることになったのでした。

というわけなので、
この日の目的地はLIVE会場である、
"くう"のある札幌。

実は過去二度の北海道自転車旅では、
札幌は素通りしていました。
というのも、
札幌はかなりの大都会で、
自転車では走りにくいし、
キャンプする場所も中心部にはないし、
それにやはり、
旅は静かなところがいいですし(苦笑)。

というわけで、
わたくし初めての札幌 by bicycleでございます。

空港から札幌市内までは、
ほぼ国道36号線をたどるだけ。
しかし距離は50キロ弱あります。

とはいえ、
今日の移動はそれでおしまいなので、
のんびり走りました。
しかしながら、
車がびゅんびゅん走る国道を、
時折地図を見たり、
少し休憩したりして札幌を目指しましたが、
気付いたら写真を一枚も撮らず・・・。
まぁチャリ旅中はそんなものです。

LIVEは明日なので、
当初今日は特に用事は無かったのですが、
旅に出る直前に、
北海道立近代美術館で、
東山魁夷展がやっていることを知りました。

東山魁夷と言えば、
僕が住んでいる、
千葉県市川市が誇る、
というより、
日本が世界に誇る日本画家。
絵にたいして明るくない僕ですが、
この人の絵は大好きなのです。

このタイミングで北海道で特別展をやってくれるとは!
というわけで行って参りました。



いやぁ、素晴らしかった!

たくさんの作品が来ていたのですが、
僕が好きな絵ばかり。

特に印象に残ったのは、

・黄昏(こうこん)
・白夜
・白夜光
・秋翳(しゅうえい)
・山霊
・山霧幽玄(さんむゆうげん)
・山峡朝霧(さんきょうちょうむ)
・池澄む
・石の窓

など、
そして更に強く惹かれたのが、
"郷愁"。
無音という音と、
温度感や空気の潤いや緑の香りが、
静かに立ち上がってくる感覚を感じました。

それから、
僕が一番好きな"静唱(せいしょう)"も展示されていて感激!
絵の前に来た瞬間に、
圧倒的な静のエネルギーに感極まってしまいました。
絵を見てそうなるのは、
僕にとって初めての経験だったので、
何というか、嬉しかった。

大満足で美術館を後にし、
宿泊先に向かう。

札幌での滞在先は、
旅人らしく、
バックパッカー向けのドミトリー。
安く泊まれる上に、
とてもきれいで快適でした。



チェックインして部屋に入ると、
同室になった男性と挨拶を交わして、
何となくそのまま雑談。

埼玉県から来られていて、
二ヶ月間北海道のいろんな山を制覇し、
明後日帰られるのだとか。
明日のLIVEの話をしたら、
最後の夜だし聴きに行きたいと言ってくださった。
うれしい!

旅人同士というのは最初のハードルのようなものが低くなるのか、
すぐにコミュニケーションが始まるからおもしろい。

明日のLIVEの楽しみがまた一つ増えた。

明日はLIVEの前に、
僕のミーハー的な目的を果たしに行く予定。

今夜はバタンキューだぁ。
おやすみなさい!!


*この日の走行距離
新千歳空港〜札幌市街
54.07キロ
2012.07.24 Tuesday

Piece of Cake八月ツアー詳細決定!

Piece of Cake超急遽ツアー、
全詳細が決まりました!

急なお願いになってしまったにも関わらず、
ライブ開催を引き受けて下さった会場の方々や、
サポート下さっている方々、
本当にありがとうございます!!

尚、神戸と高崎のライブに関しましては、
予約窓口はこちらになります!!
→pieceofcake_info@yahoo.co.jp

よろしくお願いします!!


■8月6日(月) @高知 ル・アンベリール・パンドル(旧ラ・ヴィ・ボーテ) 
       http://beauty.hotpepper.jp/slnH000111021/
 Tel : 088-860-1860
 open 18:30 start 19:00  charge  2500yen
 【Piece of Cake 突然ツアー】
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから  http://goo.gl/maps/iDcG

*突然決まったPiece of Cakeプチツアー!下半期はあちこち飛び回りますよ〜!*
----------

■8月7日(火) @神戸 D-CAP 
 〒651-0093
  神戸市中央区中山手通1-22-27 DOM'S 北野ビル7F
*予約窓口はコチラ!!→pieceofcake_info@yahoo.co.jp

 start 19:30  charge 2500yen+1drink  
 【Piece of Cake 突然ツアー】
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから  http://goo.gl/maps/GMn1

*突然決まったPiece of Cakeプチツアー!下半期はあちこち飛び回りますよ〜!*
----------

■8月8日(水) @名古屋・大須 喫茶はやしや 
       http://www.tv-aichi.co.jp/osu/2002/11/post_57.html 
 Tel : 052-231-5589
 start 19:00  charge  2500yen(1drink別)
*フードメニューご希望の方は、ワンプレートメニューをご用意しています。
 【Piece of Cake 突然ツアー】
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから  http://goo.gl/maps/INLH

*突然決まったPiece of Cakeプチツアー!下半期はあちこち飛び回りますよ〜!*
----------

■8月10日(金) @高崎 SlowTime高崎 http://slowtime.petit.cc/
 Tel : 027-325-3790
*予約窓口はコチラ!!→pieceofcake_info@yahoo.co.jp

 start 19:30  charge 2500yen+1drink 
 【Piece of Cake 突然ツアー】
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから http://goo.gl/maps/aXbm

*突然決まったPiece of Cakeプチツアー!下半期はあちこち飛び回りますよ〜!*
----------

■8月11日(土) @甲府 crushers bar C-4 
        http://www.kofu-town.com/mypage/kf015931/
 Tel : 055-227-5007
 start 19:00  charge 3500円(お食事&アルコール飲み放題付) 
“IGNITION SATELLITE☆ナイトステージ”
*ゲスト出演
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから  http://goo.gl/maps/LUJ83

*Piece of Cakeプチツアー最終日!
この日は山梨のアカペラグループ、総勢40名が出演するイベントでのゲスト演奏です。1時間ほどのステージをさせていただきます。*
2012.07.19 Thursday

Piece of Cake急遽ツアー決定!

まだ未定個所も多いですが、
超急遽ツアーが決まりました!
ライブ開催を引き受けて下さった会場の方々や、
サポート下さっている方々、
本当にありがとうございます!!

■8月6日(月) @高知 
ル・アンベリール・パンドル(旧ラ・ヴィ・ボーテ)  
   http://beauty.hotpepper.jp/slnH000111021/
 Tel : 088-860-1860
 open 18:30 start 19:00  charge  2500yen
 【Piece of Cake 突然ツアー】
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから  

*突然決まったPiece of Cakeプチツアー!下半期はあちこち飛び回りますよ〜!*
----------

■8月7日(火) @神戸 詳細未定  
 Tel :
 start   charge  
 【Piece of Cake 突然ツアー】
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから  

*突然決まったPiece of Cakeプチツアー!下半期はあちこち飛び回りますよ〜!*
----------

■8月8日(水) @名古屋・大須 
喫茶はやしや
   http://www.tv-aichi.co.jp/osu/2002/11/post_57.html
 Tel : 052-231-5589
 start 19:00  charge  2500yen(1drink別)
*フードメニューご希望の方は、ワンプレートメニューをご用意しています。
 【Piece of Cake 突然ツアー】
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから 

*突然決まったPiece of Cakeプチツアー!下半期はあちこち飛び回りますよ〜!*
----------

■8月10日(金) @高崎 詳細未定 
 Tel :
 start   charge  
 【Piece of Cake 突然ツアー】
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから  

*突然決まったPiece of Cakeプチツアー!下半期はあちこち飛び回りますよ〜!*
----------

■8月11日(土) @甲府 詳細未定  
 Tel :
 start   charge  
 【Piece of Cake 突然ツアー】
 伊藤大輔(Vo,Voice)MaL(breath)
 地図はこちらから 

*突然決まったPiece of Cakeプチツアー!下半期はあちこち飛び回りますよ〜!*
Powered by
30days Album
PR