ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8/27 ioraと行く山形・6日目 | main | 9/3 北海道自転車旅・2日目 >>
2017.04.26 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.09.02 Sunday

9/2 北海道自転車旅・1日目

さぁ始まりました、
念願の久々の自転車一人旅!

場所は三度目の北海道。

まずは家を6:00に出て羽田へ。



最寄駅までは自転車を組んで漕いで行き、
そこからは自転車を車輪を外して袋に入れ、
テントや寝袋その他の四口の荷物を抱えて電車移動。

自転車を持って公共機関を使うことを"輪行"というのですが、
この輪行が、自転車を漕ぐより全然しんどい・・・。

何とか無事に羽田空港に辿り着き、
全ての荷物を預ける。
これもまた一苦労。

身軽になってほっとして飛行機に搭乗。
さすがに眠かったので、
何とか小一時間はうとうとしました。

新千歳空港に到着。
荷物も無事に受け取り、
自転車を組み立てていると、
不意に英語で声をかけられた。

彼も僕と同じ、
自転車旅をするべく北海道に
やってきたらしい。

話していると、
彼は上海でとある有名ソフトドリンクの会社に勤めているとか。
もう一本後の便でくる友人を待っているらしい。

僕がたどたどしく準備をしていたので、
いろいろと世話を焼いてくれた。
かなりのナイスガイでした!

早速Facebookで繋がってしまった。

名前も教えてもらったのだけど、
どう発音するかわからない・・・(苦笑)。
ナイスガイと呼ぶことにします。

ありがとう、ナイスガイ!



ナイスガイに別れを告げ、
いよいよ旅がスタート。

今回の旅の行程は、
かなりの軟弱プラン。
距離はそんなに漕がずに、
一箇所ずつのんびり回ろうと思っています。

そして、
今回の旅に、
後からもう一つの目的ができました。
それは明日の音の葉∞言の葉、
北海道初LIVE!

僕が自転車旅で北海道に行く話をしたら、
なんと同じ時期に阿部くんも北海道にいることが判明。
せっかくなので一日LIVEすることになったのでした。

というわけなので、
この日の目的地はLIVE会場である、
"くう"のある札幌。

実は過去二度の北海道自転車旅では、
札幌は素通りしていました。
というのも、
札幌はかなりの大都会で、
自転車では走りにくいし、
キャンプする場所も中心部にはないし、
それにやはり、
旅は静かなところがいいですし(苦笑)。

というわけで、
わたくし初めての札幌 by bicycleでございます。

空港から札幌市内までは、
ほぼ国道36号線をたどるだけ。
しかし距離は50キロ弱あります。

とはいえ、
今日の移動はそれでおしまいなので、
のんびり走りました。
しかしながら、
車がびゅんびゅん走る国道を、
時折地図を見たり、
少し休憩したりして札幌を目指しましたが、
気付いたら写真を一枚も撮らず・・・。
まぁチャリ旅中はそんなものです。

LIVEは明日なので、
当初今日は特に用事は無かったのですが、
旅に出る直前に、
北海道立近代美術館で、
東山魁夷展がやっていることを知りました。

東山魁夷と言えば、
僕が住んでいる、
千葉県市川市が誇る、
というより、
日本が世界に誇る日本画家。
絵にたいして明るくない僕ですが、
この人の絵は大好きなのです。

このタイミングで北海道で特別展をやってくれるとは!
というわけで行って参りました。



いやぁ、素晴らしかった!

たくさんの作品が来ていたのですが、
僕が好きな絵ばかり。

特に印象に残ったのは、

・黄昏(こうこん)
・白夜
・白夜光
・秋翳(しゅうえい)
・山霊
・山霧幽玄(さんむゆうげん)
・山峡朝霧(さんきょうちょうむ)
・池澄む
・石の窓

など、
そして更に強く惹かれたのが、
"郷愁"。
無音という音と、
温度感や空気の潤いや緑の香りが、
静かに立ち上がってくる感覚を感じました。

それから、
僕が一番好きな"静唱(せいしょう)"も展示されていて感激!
絵の前に来た瞬間に、
圧倒的な静のエネルギーに感極まってしまいました。
絵を見てそうなるのは、
僕にとって初めての経験だったので、
何というか、嬉しかった。

大満足で美術館を後にし、
宿泊先に向かう。

札幌での滞在先は、
旅人らしく、
バックパッカー向けのドミトリー。
安く泊まれる上に、
とてもきれいで快適でした。



チェックインして部屋に入ると、
同室になった男性と挨拶を交わして、
何となくそのまま雑談。

埼玉県から来られていて、
二ヶ月間北海道のいろんな山を制覇し、
明後日帰られるのだとか。
明日のLIVEの話をしたら、
最後の夜だし聴きに行きたいと言ってくださった。
うれしい!

旅人同士というのは最初のハードルのようなものが低くなるのか、
すぐにコミュニケーションが始まるからおもしろい。

明日のLIVEの楽しみがまた一つ増えた。

明日はLIVEの前に、
僕のミーハー的な目的を果たしに行く予定。

今夜はバタンキューだぁ。
おやすみなさい!!


*この日の走行距離
新千歳空港〜札幌市街
54.07キロ
2017.04.26 Wednesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR